身元保証について
2018年5月31日

身元保証人がいない人も利用できる住宅

どの年齢でも賃貸住宅の契約の際には、身元保証人や連帯保証人などが求められます。

しかし、身元保証人がいない場合もあるので、賃貸住宅に住むことができないという問題がありました。特に年齢が上がるほど身元保証人を見つけるのが難しく、賃貸契約は困難だと考えるのが一般的です。

保証人には安定した収入があること、高齢ではない人などの条件があるので、家族に保証人を依頼しても条件をクリアする人がいないケースもあります。しかし、このデメリットを解消するために、保証人代わりをしてくれるサービスが登場しています。保証会社などの名称でサービス提供を行っており、条件がクリアできればサービスの提供が受けられるでしょう。

また、住宅を探すときに保証人を不要としている物件もあるので検討の余地があります。注意点として、保証会社を利用する際には別途契約料が発生すること、さらに保証人不要の物件は更新料や初期段階の契約料が高めに設定されることもあるので確認しておきましょう。

最後に賃料をクレジットカード払いにすると、保証人がいなくても契約できる物件があります。このような利用方法は、不動産会社などに訪ねると丁寧に説明してくれるでしょう。

賃貸物件を探すときは、不動産会社を利用することが多いので、担当者に相談しながら費用を抑えて探すこともできます。身元保証人がいない人でも、賃貸住宅が利用することはできるので、便利な方法を選ぶための基礎知識が欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です