身元保証について
2018年4月30日

身元保証人がいない人が安心して暮らすには

身元保証人がいない人が増えていますが、代行サービスを利用すればいざという時でも安心です。

昔に比べると身元保証人が必要なことが多くなってきました。住宅を借りるときだけではなく、病院に入院したり老人ホームに入居する時でも身元保証人をたてなくてはいけません。しかしその一方で身元保証人がいないという人が増加しています。これはライフスタイルの変化に伴い結婚する人が減ってきたり、子供を持たない夫婦も増えているからです。

以前は親戚との交流も盛んで親戚に頼む人もいましたが、今は親戚付き合いをほとんどしないという人の方が多くなっています。その為代行サービスの需要が高まっており、利用者も増加しています。利用方法も簡単で、インターネットの他に電話や郵送でも申し込むことができます。今は必要ないが、急な入院の時に備えて会員登録している人も少なくありません。

突然入院する必要がでてきても、あらかじめ申し込んでおけばすぐに対応してもらえます。サービス内容は様々で会員登録不要のところもあるので、どのように利用したいかよく考えて代行サービス会社を選ぶと良いでしょう。頼りになる親族がいない人の場合には、総合的なサポートサービスを申し込む人もいます。

入院の時は身元保証の他に手術の立ち会いや買い物、退院時の付き添いなども依頼できます。また自宅で過ごす時には日常生活のサポートや福祉施設の見学同行、老人ホームに入居した時には契約手続きの代行やケアプランの相談などが頼めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です