身元保証について
2018年3月31日

身元保証人がいないときの対応

就職や引っ越し、入院など様々な場面で身元保証人は必要となります。

それは、会社に損害を与えた時や家賃、入院費の未払いなどに対応するためです。通常は自分の両親や親戚、友人などに依頼するのですが、親族や友人と疎遠のまま独身生活を送る人が多い現代では、身元保証人を引き受けてくれる人がいないということがあります。

身元を保証してくれる人がいないと、引っ越しも入院もできないので、日常生活を送れないという問題が生じてきます。こうした問題に対応するには、様々な方法があります。まず、身元保証人を引き受けてくれる人を何とかして探すことです。

しかし、もともと孤独に生きてきた人にとって、これは困難です。そこで増えているのが、保証人代行サービスです。代金を受け取り身元保証を請け負うので、身内や友人のいない人にとっては便利なサービスです。しかし、これにも問題があります。

まず、代行サービスを行っている会社についてです。保証人がどのような人物か分からなかったり、追加料金を請求されるなどのトラブルの可能性があります。そして会社が倒産してしまえば、保証人もいなくなってしまいます。

また、保証人代行サービスでは不可という会社もあります。このような問題に対して、国レベルでの支援はまだ確立されていませんが、各自治体やNPO法人が解決に向けて活動しています。

身元保証人がいない時や保証人代行サービスを利用する時には、自分一人で判断せず、自治体などに相談することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です