身元保証について
2018年2月28日

身元保証人がいないときの対策方法

賃貸物件を借りる手続きをしたり、介護施設に入所するとき、さらに就職する時にも身元保証人が必要とされることがほとんどです。

社会は信頼の上で成り立っていますから、身元保証人がいることによってスムーズに手続きが行えるといえます。ただ以前は、親戚付き合いが濃厚だったことから、保証人として叔父さんや叔母さんに頼むというのはよくあることでした。

しかし現代は親戚付き合いも希薄になっていますし、兄弟や姉妹もいないことも多くなっています。さらに親がいても、高齢になって年金だけで生計を立てている場合には、身元保証人として認められないこともあります。そこで身元保証人がいないときは、保証人になるというサービスを提供している会社と契約を結ぶ方法があります。

独り暮らしの人が増えて、家族や親族がいないという場合には、万が一のことを考えると不安に感じることも多いです。そこで身元保証人になってもらったり、緊急時に駆けつけてくれるサービスを提供している会社と契約を結ぶことで、安心感を得ることができます。契約を結ぶときにはまとまった費用が必要ですが、家族のように細やかなサービスを提供しているという特徴があります。

疎遠になっている親戚に頼むことにためらいを感じたときは、会社が提供している見守りサービスを利用することで、不安を感じることがありません。金銭で契約を結ぶため、商品を購入していることと同じなので気楽だという魅力があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です