身元保証について
2018年2月28日

身元保証人いないとき介護施設なら

老人ホームへ入居時ほとんどの介護施設が身元引受人、身元保証人必要とすることが多いということを知ってる人多いでしょう。

高齢者住宅財団実施のサービス付き高齢者向け住宅など実態に関する調査研究でやう8割のサービス付き高齢者向け住宅で身元保証人を必要としてます。身元保証人は多くが家族にお願いするのが一般的ですが身寄り以内、身寄りいるが高齢で身元保証人になれないなどいろいろな理由で頭悩ませてる方はいるでしょう。

ですが、最近の未婚率上昇、一人暮らしする高齢者数増加に伴って、身元引受人お願いできる家族いない高齢者が増えてます。夫婦で暮らしていても突然どちらか他界すれば一人暮らしになってしまい、今お願いできる方いても将来身元引受人いなくなるのではといった不安抱える高齢者は今後増えてくるでしょう。

そして、多くの医療機関など介護施設が求める保証人、身元引受人はどうして必要なのか。身元引受人に対してはっきりした法的根拠あるのではないですが、老人ホームへ入居契約において必要な身元引受人は複数の役割あります。

介護施設に入所、病院に入所時必ず発生してくるのは料金など支払いで、入院費、食費など月額利用料支払いが万が一遅れた時、身元引受人いないときは連帯債務人にこれらの支払い求められます。

介護施設中身元引受人と別にこの役目与えられた支払い力ある保証人も必要になるケースが。高齢で持病持っていたり介護必要ならどうしても事故のリスクが高くなります。保証人いないときはかんがえましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です