身元保証について
2017年12月31日

身元保証人がいない場合の対策方法

日本は閉鎖的な島国であり、身元保証人がいない人は就職をしたり、賃貸物件を借りるのに不便なケースが多くなっています。

就職の際には身寄りがいない人の場合にはそれだけで採用が拒絶されることがありますから、本来はあってはならない差別に打ち勝つためにも身元保証人の代行業者に依頼するようにしましょう。

代行業者ではその人の身元保証人となってくれるので、いなかった方でもお金を払うことで保証をしてくれます。両親がもうすでに他界しており身寄りがいない場合に、あるいは天涯孤独の人で賃貸物件を借りるのにもかなり苦労している方は、まず保証をしてくれる代行業者を探しましょう。

代行業者が受け付けているのは、就職の時の保証品はもちろんのこと、賃貸物件の審査の際や高齢者の施設の入居の際の保証人など様々です。手数料は頼む業務によって違いはありますが、基本的にそれなりの報酬を支払う必要があります。

しかしながらその後普通に生活ができると考えれば決して高い金額ではありませんから、身元保証人がいない方で悩んでいる方は、保証の代行業者にまず相談してみましょう。

代行業者ではその人の保証人となるためにまず最初にカウンセリングをしてくれるので、そこで良いと認められた場合には報酬を支払い保証人となる契約を結べます。就職から物件探しに介護施設の入居まで、身元保証人がいないという事実で困っている方は、代行業者をうまく活用して自分の身元を保証してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です