通販サイトでゼニカルを購入しようとする日本人女性

日本では未認可のゼニカル。しかしアメリカなどではゼニカルの服用は珍しいことでも恥ずかしいことでもありません。日本では個人輸入サイトなど通販での購入が可能です。ここではゼニカルについてみていきます。

ゼニカルと減量効果のある成分を含むごぼう茶と舞茸

肥満は、生活習慣病の起因とされ、心疾患や脳血管疾患などの重篤な合併症の発症率を高めるとして社会問題とされていますが、肥満患者は男女問わず増加しています。その為、ゼニカルなどの脂肪吸収阻害剤やごぼう茶ダイエット、舞茸ダイエットなど多くのダイエット方法があります。
ゼニカルは、消化酵素リパーゼに作用する事で脂質の吸収を約30%阻害し、ダイエット効果を示します。ゼニカルは、数日で医薬成分が排出され、体内の臓器に蓄積されないので副作用が少ない安全性の高い医薬品です。
ごぼう茶には、サポニンやイヌリン、カリウム、ポリフェノール、アルギニンなど多くの成分が含まれています。
ごぼう茶に含まれるサポニンには、抗酸化作用や抗菌作用、血行促進など多くの有益な効果があります。サポニンは、強力な抗酸化作用で脂質やコレステロールの酸化を防ぎ、血管内壁への過酸化脂質がへばり付くのを防ぐ作用やブドウ糖から中性脂肪への形成抑制による脂肪吸収阻害作用、毛細血管の拡張作用により脂肪の蓄積を抑制します。結果として、ごぼう茶はコレステロール値や血糖値の降下などのダイエット効果が得られます。
イヌリンは、水溶性食物繊維の一種なので老廃物の排出や整腸作用、便秘症状の改善、腎臓機能の促進による利尿作用などのダイエット効果があります。
舞茸には、MXフラクションやキノコキトサン、ビタミンD、ナイアシン、食物繊維、アミノ酸などが豊富に含まれています。舞茸特有のMXフラクションは、腸のぜん動運動を促進し過剰な脂肪の吸収を抑制する作用や中性脂肪や血液中の悪玉コレステロールの分解促進作用により脂肪を蓄積し難い体質をつくります。
舞茸に含まれるキノコキトサンは、免疫力強化やコレステロール値上昇抑制などの効果があるβグルカンと整腸作用やコレステロール吸収抑制などの効果があるキトサンの複合食物繊維であり、摂取した脂質を包み込み吸収を阻害します。