通販サイトでゼニカルを購入しようとする日本人女性

日本では未認可のゼニカル。しかしアメリカなどではゼニカルの服用は珍しいことでも恥ずかしいことでもありません。日本では個人輸入サイトなど通販での購入が可能です。ここではゼニカルについてみていきます。

ゼニカルで痩せた人の体験談

ゼニカルで痩せた方は、楽をして減量できたと話す方が多いです。
食事の際に服用するだけで、油分を30%も抑制できてしまうのです。
体内に70%だけ吸収され、残りの30%はそのまま排出されます。
今まで通りの食生活を続けながら、脂肪由来のカロリーを30%も減らせるのです。
1日に必要な脂肪は55gと言われており、これをカロリー換算すると約500kcalになります。
うち30%の150kcalをカットできるので、確実に痩せやすくなります。
ゼニカルを服用しても効果を感じにくい方は、脂肪を摂りすぎている、炭水化物の摂りすぎで太っている、などのケースが多いです。
ゼニカルで100%の脂肪カットはできないので、脂肪を大量に摂っている方は服用しても太ります。
そして、ゼニカルは炭水化物には作用しないので、ご飯やパンなどを大量に食べることで太ってしまった方には効果がありません。
ゼニカルは体脂肪を落とす薬ではありません。
食事毎に摂取する油分の吸収を抑制する薬なのです。
ただし、総摂取カロリーを減らすことで、体脂肪が使われやすくなるのは事実です。
体脂肪を燃やすためにも、カロリー制限は大切となります。
リバウンドに関しては、ほとんど起こらないという体験談が多いですが、食べすぎが原因の肥満だとゼニカルの服用を止めることで太るケースはあります。
適正カロリーを超えて摂取して太るのは当然のことです。
この場合は適正カロリーを調整して、太らないようにする必要があります。
太ってしまう方に共通するのは、カロリーコントロールが苦手なことです。
必要なカロリーまで抑えてしまうと、疲れやすさや集中力の低下・免疫力の低下などのデメリットが生じますが、カロリーを摂りすぎるのはもっといけません。